Jewelry Princess

商品紹介をしています♪

北海道胆振東部地震を体験して思ったことと備えたほうが良い物!

 

 

f:id:ny220:20180908195248g:plain

 

2018年9月6日に起きた北海道胆振東部地震

 

自分自身も北海道民であり胆振地方に住んでいて

 

震度5強という震度を初めて経験しました。

 

断水はしなかったものの停電を一日ちょっと経験して

 

思ったこと今から備えておいたほうがいいことがあると思い記事にしました。

 

この記事がこれからの防災の役に立てばと思います。

 

 

 

停電の際に必要なもの

 

f:id:ny220:20180908200426p:plain


冒頭にも書きましたが今回私の住んでいた地域は1日ちょっと停電していました

 

たった1日と数時間のことでしたが電気がないと何もできないことを知りました

 

そこで停電時に必要だなと思ったものです

 

・LEDランタン

・懐中電灯

・乾電池

・モバイルバッテリー

車で充電できるシガー充電器

・カセットコンロ

・ガスボンベ

・クーラーボックス

 

午前中は外の明かりで生活できますが、夜は本当に暗闇で

 

何も身動きが取れないのでランタンは必要不可欠です。

 

私の場合はランタンがなかったのでロウソクでしのぎましたが

 

余震の際にロウソクが転倒した場合、火事になったら困るので

 

LEDランタンがおすすめです。

 

懐中電灯は手元を見たりするのにおすすめです。

 

乾電池の場合はお店で在庫切れしたり個数制限で手に入りにくかったり

 

値段が通常より上がって買いづらかったりします。

 

日頃から防災用に備えて常備しておくのを凄くオススメします!!

 

充電器関係(モバイルバッテリーやシガー充電器)も必需品です。

 

連絡手段や情報を調べるなど大活躍する携帯電話。

 

この充電を切らさないためにも複数回充電できる大容量のモバイルバッテリー

 

モバイルバッテリーの充電が切れたときに車内で充電できるシガー充電器

 

実際に大地震後 充電器関係は即完売していました。

 

そして今はオール電化住宅が多いのでご飯を作ったりお湯を沸かしたりできる

 

カセットコンロとガスボンベも常備しておいてください。

 

幸い私の住んでいる地区は大地震にもかかわらず断水とガスが止まることが

 

なかったので良かったのですが我が家はIHだったためにカップ麺を食べるにも

 

なにか食事をするにも調理は電気まかせだったので家にあったカセットコンロで

 

しのぎました。

 

停電しているのでもちろん冷蔵庫の電気も止まります

 

今後の食料となるものを腐らせないためにもクーラーボックスなどの

 

冷却ができるものを用意して移すことが大事です。

 

私はクーラーボックスなどの持ち合わせていなかったので

 

冷蔵庫の中身の大半が腐ってしまいましたが・・・

 

 

モバイルバッテリーの重要性

 

先程の「停電時の需品の欄」にも書きましたがモバイルバッテリーの重要性です。

 

ラジオを聞いてて思ったのですが、主要都市の部分の情報ばかりが流れてきて

 

自分の地域の情報を中々得られませんでした。これが一番困ったことで

 

自分の地域がどれだけ酷いのか、停電はいつ解消するのか断水はしないのか

 

ずっと不安でした。

 

そのときに情報を検索するために携帯電話が必需品になってきます。

 

断水情報は各市町村のホームページで確認ができました。

 

断水はしていないということと今後の断水予定はないと記載されていました

 

Twitterではデマが多く流れていたので不特定多数がつぶやくサイトは

 

情報の精査が大事になってくるので各市町村のホームページで確認するのが

 

一番だと感じました。

 

 


 

かなり重要な物の不足

 

皆さん食料で気を取られがちですが

 

食料と同等に必要な物があります

 

それは自動車のガソリンです!

 

f:id:ny220:20180908195955j:plain

 

停電していると給油できるとこが本当になく

 

自家発電を持っているスタンドでないと給油することができません。

 

ということはもちろん行列ができるのは当たり前

 

ガソリンが売り切れるという自体に見舞われます。

 

スタンドの人が紙に「ガス欠で販売できない」と書いて

 

長蛇の列を駆け回っていました。

 

移動するにも充電するにもラジオやナビでテレビを見るのにも

 

車のガソリンを使います。

 

レギュラーガソリンとハイオクが売り切れて軽油しかないという

 

店舗も多かったです。またリッター制限や金額制限で給油できるところも

 

ちらほらありました。20リッターまでや2000円分しか入れられないなど

 

私は地震発生後の翌日に満タン給油できるところがあったので

 

30分ほどで給油ができました。

 

他のスタンドだと4時間待ちなどもありました。

 

常に余裕を持ってこまめに給油することをオススメします!!

 

街がパニック!長蛇の列も・・


 

f:id:ny220:20180908200818j:plain

 

 

 停電は家や商業施設だけではなく街にも影響を及ぼします

 

信号機が機能しなくなります。警察官も全部の箇所には配置されないので

 

交通量が多いところはお互い譲りあいで進みますが

 

不安からか中々曲がれなかったり横の列が止まらなかったりと

 

大渋滞します。事故も起きたりしていました。

 

不安の気持ちも分かりますが落ち着いて行動し互いに譲り合う心がとても

 

重要です。

 

そして食料が売っているスーパーなどは長蛇の列でした

 

停電のときはお店の前で限られた商品だけが陳列され

 

レジが使えないので外で店員さんが個数と値段を数えて

 

電卓で打ってくれていました。店員さんも被災者なのに

 

住民のことを第一にやってくれて本当に感謝です。

 

停電が終わった今はお店も徐々に開店してきましたが

 

どこにいっても食べ物が売り切れてないです。

 

物流が止まっているのもありますが

 

お酒や紅生姜などの付け合せなどしか残っておらず

 

かなり困ります。

 

日頃から乾麺やカップ麺・レトルト食品などのストックが重要だと感じました。

 
 

 

まとめ


 長くなってしまいましたが重要なことをまとめました。

 

断水したときのために水を入れたら自立する水入れなども用意しておくと

 

いいかなと思いました。

 

いつ起こるかわからない自然災害

 

テレビで聞いていると大変そうだなと思うものの身近に起きていないため

 

どこか他人事のように感じるかもしれませんが

 

常に防災意識をもつことの大切さを感じました。

 

そして我々人間は電気がないと生きていけないなと感じました

 

どれだけ電気に頼っていたかを痛感しました。

 

この記事を読んでくれた皆さんも是非少しづつでも

 

防災グッズを揃えてください。

 

これからも人類が楽しく平和に暮らせる地球になりますように・・・